新生銀行【ノーローン】審査・申込前に《必ず確認》3つのポイント


オススメの消費者金融ベスト3

第1位

プロミス

20150310追加
プロミスの特徴
  • ・土日祝日でも即日借り入れ可能
  • ・瞬振りに対応(すぐに指定の口座に振込)
  • ・もちろん、即日融資・即日審査に対応
金利 評価 無利息期間
4.5%~17.8% 30日間無利息期間有り
公式サイトはこちら
第2位

アコム

アコム
アコムの特徴
  • ・3秒診断で借入可能か診断
  • ・50万円まで収入証明不要
  • ・即日融資・即日審査に対応!
金利 評価 無利息期間
4.7%~18.0% 30日間無利息期間有り
公式サイトはこちら

新生銀行ノーローンの審査で気を付けなくてはいけないポイント



新生銀行ノーローンといえば借り入れから1週間は利息が発生しないという給料前の金欠時や急な出費の時に嬉しいサービス。 ノーローンの審査を申し込む時に気を付けなければいけないポイントをまとめたので確認してください。


■申し込みをする前に借り入れをする必要があるのかキチンと考える

ノーローンは1週間であれば利息がつかないので確かに便利です。だからといって気軽に借りてもいいものではありません。 審査の申し込みをする前・借り入れをする前に本当に必要か考え、借り入れをした場合にキチンと返済出来るか考えてから審査の申し込みをしてください。

■氏名・職業・収入等の記入を間違えない・嘘をつかない

カードローンの申請だけでなく社会人として当たり前の事です。カードローン会社には本当に間違ったのか嘘をついているのか判断は出来ません。信用・信頼が得られないと審査を通過する事は出来ないので提出・送信前に確認をしてください。

■他社からの借り入れがある場合も正確に伝える

他社からの借り入れがあると審査を通過する時にマイナスにはなりますが、嘘の申請をしてもバレるだけなので正直にそして正確に他社からの借り入れ額等の申告をしてください。他社からの借り入れがある場合でも金額等によっては審査を通過する事もありますので嘘の申告だけはしないでください。

■ノーローンの審査の申し込みをする前に他社への審査申し込みをしない

カードローンの審査申し込みを短期間に何回もするだけで審査に通らなくなってしまう事もありますので、審査申し込みは間隔を空けて行ってください。

以上がノーローンの審査で気を付けなくてはいけないポイントと考えて欲しいポイントになります。

更新一覧